冬のスキンケア

冬場のスキンケア方法と言えば、やはり乾燥対策が最も重要となるでしょう。
空気中の湿度が低下する冬場は、普段肌の乾燥を感じない人でもカサつきやすくなる季節です。
また、肌の乾燥を放置しておくと、さらに状態が酷くなってヒリヒリと肌が痛むようになってしまいますから、
早めに乾燥を予防するケアを行うことが大切です。

スキンケアの方法としては、皮脂の保護と保湿がポイントとなります。
皮脂は肌を乾燥から守るために必要なものですから、
これを洗顔や入浴などで落としすぎないよう注意しましょう。

洗顔方法は他の季節よりも少し軽めにして、必要なうるおいを残すようにします。
そして、洗顔後にはすぐに化粧水をつけ、たっぷりと保湿を行ってから乳液で水分を逃がさないようにしましょう。

乾燥が気になる場合は、保湿クリームを使用するのも良い方法です。

また、入浴の際にはお湯を熱くしすぎないよう注意しましょう。
寒い冬には熱いお風呂で温まりたいものですが、熱いお湯は皮脂を取りすぎてしまい、肌を乾燥させてしまいます。

また、体を洗うときもゴシゴシ擦らず、石鹸なども量を控えめにして優しく洗うと乾燥を防ぐことになります。

体全体の皮膚が乾燥気味だと言う場合には、保湿効果のある入浴剤がおすすめです。
そして、お風呂上りには保湿ローションやミルクなどをつけてうるおいを与えましょう。

加湿器を使って部屋の湿度を上げるのも効果的です。

また、スキンケアを行う際にミストやスチームを発生させる美顔器を使用すると、保湿効果もアップします。