日焼け後のスキンケア

夏になると、綺麗な小麦色に日焼けした肌が健康的で美しく感じられるものですが、
ただ日に焼いただけではその後で肌トラブルを起こす場合も多く、
またうっかりと日焼けしてしまった場合も同様に、
肌が受けたダメージを軽減させるスキンケアが必要となります。

日焼けは軽度の火傷と同じ状態であるため、適切なスキンケア方法で対処しましょう。

日焼けすると肌は熱を持ちますが、これは肌が炎症を起こしている状態ですから、
すぐに美白ケアなどを行っても思ったような効果は現れません。

そのため、最初に必要なのは、肌のほてりを抑えて落ち着かせるクールダウンです。
クールダウンの方法は冷たい水を浴びることですが、特に炎症が酷くヒリヒリするような部分には
氷水や冷却材を使用してしっかりと冷やすと良いでしょう。

水で濡らしたタオルなどを当てるのも効果的です。
肌のほてりが収まってきたら、まずは化粧水をつけて肌を整えます。

日焼けしたから美白化粧品で白さを取り戻したい、と考える人もいるでしょうが、
肌の炎症が治まらないうちに美白成分を配合した化粧品を使用するのは
肌に負担をかけてしまうだけですので、避けた方が無難です。

その点、化粧水なら肌への負担も軽く済みます。
おすすめは、化粧水を冷蔵庫で冷やしてからつける方法です。
冷たい化粧水は肌に水分を補いつつ、炎症を鎮静化させる効果もあるため、
日焼けした部分に丁寧につけていきましょう。

炎症が治まったら、美白化粧品などでスキンケアを行っても問題ありません。

しかし、できれば紫外線によるダメージを避けるためにも、
あらかじめ日焼けを予防する対策をとっておくことをおすすめします。