化粧水の正しい使い方

正しいスキンケア方法の基本は洗顔にあると言われていますが、その次に重要なのが化粧水の使い方です。

化粧水は洗顔後の肌に最初につけるものですが、主な役割は肌への水分補給です。
洗顔によって汚れを取り除かれた肌は、うるおいを保持する役割を持つ皮脂も取り除かれているため、
水分が蒸発しやすくなっています。
そのため、洗顔後にはすぐに化粧水をつけることが大切だと言われているのです。

また、洗顔後の肌は時間が経つと水分を吸収しにくくなってしまうので、
スキンケア効果を高めるためにも化粧水は洗顔後すぐにつけるよう心がけましょう。

また、化粧水のつけ方によっても肌のコンディションが違ってきます。
洗顔後すぐにつけることはもちろんですが、適量を守って化粧水をつけることもスキンケアの基本です。
化粧水の外箱や容器には1回に使用する適量や使用方法が記載されていますので、それらを守って使用しましょう。

化粧水をつけるときには、手のひらに広げて軽く温めると肌に馴染みやすくなります。
そして手のひらで顔全体を包むようにして化粧水をつけていきます。
乾燥しやすい目元や口元は、指先を使って丁寧につけていきましょう。

化粧水によっては、コットンを使用してつける方法を推奨しているものもあります。
この場合も適量を守り、コットンで軽くパッティングするようにしてつけていきます。
ただし、パッティングのやり過ぎや擦るようにして使用すると肌に刺激を与えてしまうため、注意が必要です。

特に敏感肌や赤ら顔の人はなるべくパッティングは避けましょう。