夏のスキンケア

スキンケアは日常的に行うものですが、季節に合わせて変える必要も出てきます。

気温や気候の変化は肌に少なからず影響を与えるため、
1年を通して同じスキンケア方法を続けていれば、肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

ここでは、夏のスキンケア方法についてご紹介しましょう。

夏場は気温が高く、汗を非常にかきやすい季節ですから、汗への対策が必要です。
適度な発汗は毛穴の奥の汚れを取り除く効果がありますが、
大量の発汗は肌の水分を守る皮脂も一緒に流してしまうため、保湿機能が低下してしまいます。

そのため、夏場のスキンケア方法では水分の補給と保湿がポイントになってくるのです。

汗をかいたときには、まず汗を拭き取って肌を清潔にすることが大切です。
汗が肌に溜まっていると、毛穴が汗で詰まり、あせもなどの肌トラブルの原因となります。
汗をかいたら、できるだけすぐに清潔なハンカチやタオルで拭き取りましょう。

汗を拭き取るときには、タオルなどを肌に軽く押し付け、自然に汗を吸収させます。

汗をかいた肌はやわらかく、普段よりもデリケートになっているため、
擦るように拭き取ってしまうと肌に余計な刺激を与えて痛めてしまうので注意しましょう。

汗をかいたら顔を洗ってさっぱりさせたいと考える人も多いようですが、
その場合は水かぬるま湯で素洗いするだけに留めます。

洗顔料を使って1日に何度も洗顔すると肌に負担をかけ、
乾燥させてしまうので、洗顔料を使用する洗顔は通常と同じ朝晩の2回だけ行います。

洗顔後は化粧水などでケアしますが、肌がベタつくようなら乳液はごく少量に抑えましょう。
また、日焼け止めを使用したときはしっかりと落とすことも大切です。