紫外線の影響と対策について

毎日行っているスキンケアの効果を高めるためにも、知っておきたいポイントがいくつかあります。
特に、スキンケア方法の基本である洗顔と紫外線への対策は、
美肌づくりに大きく関わってきます。

ここでは紫外線が肌に与える影響とその対策方法についてご紹介します。

肌が紫外線を浴びると、肌細胞が破壊されて様々な肌トラブルを引き起こす可能性が高くなってしまいます。
特に紫外線の影響が挙げられるのが、肌の乾燥、シミ、シワといったトラブルです。
肌の乾燥は肌細胞が破壊されることによるもので、肌が弾力を失い水分を保持することができなくなります。
そして、乾燥した状態が続くと、シワができやすくなってしまうのです。

また、シミの原因は紫外線によって増大するメラニン色素です。
メラニン色素は肌の深部で生成されますが、これが徐々に肌の表層に浮き上がり、
シミとなって現れます。
そのため、紫外線による影響はある程度の時間が経過してから表面化するものだと覚えておくことが大切です。

紫外線による悪影響を避けるためには、適切なスキンケア方法を継続して行うことと同時に、
紫外線を防ぐことが重要となります。

顔に関しては日焼け止めやファンデーションで予防する方法がありますが、
室内ならノーメイクでも大丈夫だというのは誤りです。

紫外線はガラスを透過して室内にも入り込んでくる性質を持っているため、
窓際にいれば確実に紫外線を浴びることになります。

また、夏場は意識して紫外線対策を行う人も多いようですが、
紫外線は季節を問わず降り注ぐものですから、年間を通してケアしていくことが重要です。